インターネット無人果物販売所

目玉焼きもコーヒーも風鈴も消しゴムもサラダも

目玉焼き論争を喫茶店で繰り広げる集団にであった。 何をかけるか、焼き加減、令和で見かけることはなくなった過去の戦争。 コーヒーには砂糖を入れる。ミルクは入れない。 言い争いを好む地球人はほんの少しだけいる。 大きい声を出したいときがある。怒鳴られた経験は誰にでもあるだろうが、その全てが怒鳴られるに値するなんてことは到底ない。 おまえは目玉焼きにケチャップをかけるような人間だからダメなんだ、と怒鳴られるような毎日があらゆる土地に散在している。 怒鳴られたことはすぐ忘れるのが良い、なんて簡単に言う。 忘れられないことも含めての毒性なのだ。 怒鳴ることに刑罰がつく日も近い。人間は損しないことが好きなのだ。

怒らないで聞いてくれる?と言われるとき、怒り方を考えている。 消しゴムを拾ってもらったから恋をする。消しゴム拾われる以前と以後でまるで消し味が変わる。 消し味のベクトルは人によって違うところも興味深い。 筆箱はひとつの惑星である。 私は貴方に一番良いペンを貸す。 私にとって全く大事ではないというような顔をして貸す。 返さなくていいとさえ考えている。 そのペンは駅の文具店が閉店する際に半額セールなので買ったのだ。 お気に入りのお店であった故、その時のレシートを一ヶ月筆箱に残していた。 皺くちゃになって、印字は消えて、ただの紙切れになってゴミ箱に飛び込んだ。 あなたも私も怒らない。これは実は簡単なこと。 そのような空間から空間へ渡り鳥のように移動する。 ライフスタイル。

目玉焼きには何もかけない。何もかけないと決めているわけではない。 本当は醤油をかける。なのに正直に言えない。 君が醤油が大嫌いだったら、後悔する。 後悔しないために沈黙する。 やらずに後悔するより、やって後悔しようなんて言われているけど信じられない。 まるで逆だと思う。君はどう思う? え。。。。?

アイスクリームを食前に食べる星で、食後に少量のサラダが出てきた。 それがなかなか良くて、こっそり地球で試してみる。 感動は薄れてはいるものの悪くはない。 私はその星にお土産として風鈴を持って行った。 文化的交流と言えるだろう。後悔はない。

怒らないから何でも言ってごらんと彼は言う。 少し考える時間が流れる。 風鈴というものが不思議な音をたてている。 私は正直にはなす。 静かな時間が流れる。 私は風鈴の音さえうるさく感じている。 風鈴なんて何のために地球人は作ったのだろう。 彼は大きく息を吸う。 私は口を覆う仕草で、解毒剤を予防的に投与する。 数秒後に風鈴の音はかき消される。 風鈴は静寂を知らせていた。 静かなうちに楽しみなさいという警告。 地球人はなかなか頭がいい。

« Previous Next »