インターネット無人果物販売所

宇宙から見た貴方

近い未来と遠い過去。 あなた色んなことを考えてきましたね。 たくさんの苦悩があったことでしょう。 社会主義と資本主義どっちがいいのかなって、ドッジボールしながら考えていたら顔面にボールが当たりました。 顔面セーフっていうルールがありました。これは社会主義的だなとメガネの歪みを直しながら思いました。 何だか痛くて涙がでそう。メガネはちょっと歪んでしまった。次の国語の時間に直そう。これは資本主義的だなと思いました。 希望をもって泳ぎました。25mは果てしなく、殺菌効果のある水の中で踠きました。なぜ泳がなければならないのだろう。 私は息継ぎができないので息継ぎをせずに25メートル泳ぎました。酸欠で頭痛がひどくて給食が食べれませんでした。資本主義的だなと思いました。私は見るからにsickな顔をしていたのですが、給食はみんなと同じぶんだけ装われました。社会主義的だなと思いました。あまりの頭痛に私は俯いていました。 ごぼうが皿に乗っていました。私はごぼうに謝りました。社会主義的だなと思いました。しかし我慢して食べました。ポリポリと頭蓋に響きました。資本主義的だな思いました。 そして家に帰ります。ただいまと言いました。そしてそこから私の記憶はありません。たくさんの経験をしました。 あなたもわたしも、あの雲も、この蜘蛛も(殺しますか)。違う星から見ると地球は違う星に似ています。 あなたがこれを読んでいる時、時間が過ぎていきます。哲学者がなぜ偉そうか知りたいですか? 彼らは哲学をすることでサングラスをかけているからです。太陽を眩しいと思うならそれが正解なのです。 幼き日の私は思いました。何かに熱中するのが、世界から目を背け、時間を潰すためだとしたら、何で生まれたんだと。 人生に早送りボタンがあれば、矢印マークが擦り切れるくらい押すのだろうか。 人生を全部味わい尽くすのが、脳味噌ーずの役目なのではないだろうかと。 私は幼かった。私は竹とんぼを恐ろしいと思っていた。竹とんぼ予測不能な方向にしばし飛んでいく。 私はそのたびに誰かの目に刺さることを想像した。もし竹とんぼが誰かの目から光を奪ったとしたら、竹とんぼなんて生まれなければよかった。 そう思いながら、カーテンの隅を握りながら泣いた。鼻歌を歌いながら通り過ぎるおばちゃん自転車ライダーに、心のハンカチで涙を拭いて欲しかった。 何かについて考える時、何かを考えないようにしています。考えないようにした何かが結局人生の主役だったりしてうんざりします。 あなたがここまで読んだ時、私もここまで読んでいます。あなたが生まれたことに関しての情報は宇宙の曲がり角の巨大な(太陽よりも)金庫に保存されています。あなたはその情報を知って、救われるかもしれない、がっかりするかもしれない。そのどちらにせよ、あなたは今ここにいるのです。 ここは無人販売所。あなたは自分が何者か決めてしまいましょう。なぜなら地球人は宇宙の曲がり角まで行けないからです。未来永劫行けません。 なぜなら地球人は立ち入り禁止だからです。なぜって?同じ話です。知った時に何かが起こるわけではありません。 地球にあるものの組みわせがあなたなのです。つまり円周率の中に、貴方の最高最愛のパートナーと運命付けられている人の電話番号があるのです。 宇宙は限りなく無限であるのに対し、地球人の組成は有限なのです。あなたは無限ではない。 有限である。有限的主義である。無限的主義はありうる。 いいですか。宇宙では必ず竹とんぼが生まれますが、地球で竹とんぼが生まれたのは奇跡的なのです。竹とんぼ星(宇宙の曲がり角よりもっと先です)の生命体は地球人で言うところの感涙なうです。これが有限のなせるわざ。 残念ながらいくら無限を分割したって有限にはなれない。これが悔しくて宇宙はときどき、何かを握りしめて泣いているそうです。 有限、有限といいますも、地球人が有限をしることはありません。将棋で10000000000手先を読むことはできない。地球の数学の枠がそうだからです。 いいでしょうか。地球人は有限の中で無限を味わえると言う贅沢な生命なのです。 気色の悪い上司、ひどい痛み、憂鬱な精神、すべて観察に値します。よく見るとすべて無限に見えます。しかし宇宙裁判所がだした結論は有罪ならぬ有限なのです。それだけの話です。 あなたは有限。決めましたか?自分の主義。その主義を脳内で遠くに届くよに唱えてください。主義星人(宇宙のカーブミラー的星)の生命体は歓喜の悲鳴を上げるでしょう。あなたの主義が有限が生み出す、無限主義的な、とうてい味わい尽くすことのできぬものだからです。あなたは宇宙の1000000000000手先を読んでいる。お見事。

« Previous Next »