インターネット無人果物販売所

動物園

いろんな意見があることをみると,どんなん事実だって正解か不正解かどちらもできる(さいていでもだれかはなっとくさせれるかたちで)のだとおもう。 ろんりがただしいのものうがそうはんだんするきのうがみんなにきょうゆうでそなわっているのをしようしているだけで, 1+1が3の生き物がそんざいするかもしれないのと同じりくつだ

動物園にいって動物をみていたら,動物はなにかが正しいとしんじている節があって,それはぼくらが正しいとか正しくないとかいってるのとおなじだ(おなじことを繰り返しいったのだから全く違わない)

つかれっちゃったけど,なにも考えずにいたいなと思うけど,のうがそう感じちゃってるなら仕方ないよね

つかれちゃっていまかいているキーボードのぼたんひとつひとつが上下することの,それまでの歴史に思いをはせて感動できるぐらい

つかれっちゃって想像上のすな,木の皮,模様の1つ1つがすごい歴史とじかんのなかで,たまたまあわさって,神経細胞を発火させてるの?よくわからないけど,すごいなとおもってある順番でキーをうつことで,そういった意味の言葉を誰かにつたえられるかもしれない,もじの順番を,だれかがみてくれるかもしれないこと,すごいなー

そういったことひとつひとつが美しいのに,もし自分が元気だったらそんなこと考えもしないんだろうな。 いやかんがえもするのかな,でもうつくしさは,ぼくのあたまのなかにあって,それをさいげんしたくてがんばって,順番を守ってるけど そんな単純には,すくないもじではつたわらないよ

だれか,おなじことかんがえてるきぶんのひとが,そうだそうだっていってくれたらいいな

電脳コイルみてたとき,ある道順にしたがって進むきとでいけるばしょがあって,あるじゅんばんでキーボードおしたら,ある順番で文字をかいたら,ある感情にたどり着ける小説家とにてて。

でもそれが文字じゃなくて,道なのが本当によかった

道のほうがいいよ道の方が

« Previous Next »